【人材育成 for DX】開催レポート #1「ダイキン工業における人材育成の取り組みについて」

ゲスト:ダイキン工業 下津 直武 氏

 JDLAでは、デジタル人材育成に積極的に取り組む企業から学ぶ、無料ウェビナー「人材育成 for DX」をスタートしました。このセミナーでは、DX推進の鍵となるデジタル人材育成に関して、毎回企業ゲストをお招きしながら様々な実際の取り組みをご紹介します。

 2021年9月16日(木)には初回「人材育成 for DX #1」が開催され、ダイキン工業の下津 直武(しもづ なおたけ)さんをお招きし、同社のデジタル人材育成に関してお話しいただきました。

こちらの動画の閲覧はDL for DX ニュース会員限定になります。閲覧パスワードはDL for DX Newsメールまたは会員登録後のサンクスメールにてご確認ください。会員登録はこちらから。

●登壇者紹介

ダイキン工業 テクノロジー・イノベーションセンター データ活用推進グループ主任技師
下津 直武(しもづ なおたけ) 氏

1992年ダイキン工業入社。設備設計向けCADシステム、空調機を主とした集中管理コントローラや遠隔監視システムなどのシステム商品開発に従事。2018年よりダイキン情報技術大学の事務局として各講座の企画・運営に従事。

JDLA 理事/事務局長
岡田隆太朗(おかだ りゅうたろう) [モデレーター]

2017年、ディープラーニングの産業活用促進を目的に⼀般社団法人日本ディープラーニング協会を設立し、事務局長に就任。2018年より同理事兼任。緊急時の災害支援を実⾏する、⼀般社団法人災害時緊急支援プラットフォームを設立し、事務局長として就任。コミュニティ・オーガナイザーとして、数々の場作りを展開。

モノからモノ+コトに進化せねばという焦燥感

 まず、JDLAの岡田から本セミナーシリーズの趣旨説明とデジタル人材育成における課題意識を共有するとともに、デジタル人材に求められる能力をご説明。その後、下津さんによるプレゼンテーション「ダイキン工業における人材育成の取り組みについて」がスタートしました。

「入社以来、システム商品開発を担当していましたが、2018年のダイキン情報技術大学立ち上げからデジタル人材育成に取り組んでいます。デジタル人材育成に携わるのであれば自分も知識を得ておかなければ、と2018年にG検定も取得しました」

「ダイキンは売り上げの9割が空調関係ですが、近年GAFAをはじめとするネットビジネス(コトビジネス)のプレーヤーが異業種のモノビジネスに突然参入する動きが見られます。

 “モノ”から“コト+モノ”に私たちも進化しないと、地図が変わるかもしれない、と脅威を感じました。

 この変革に立ち向かうためにデジタル人材の必要性を痛感しました。しかし、2017年当時は情報系技術職は社内の1%という状況で、なおかつ外部から採用するのも難しい。では社内で育てようとスタートしたのがダイキン情報技術大学です」

2023年までに1,500人の育成を

「当社は①テーマ実行力(ビジネス力)、②分析力(データサイエンス力)、③データエンジニアリング力(エンジニア力)の3つの基礎スキルを兼ね備えた人材の育成を目的として大学で講座を開いています。

 IPA(情報処理推進機構)のスキル基準を用い基準を設定し、高いレベルの人材育成と同時に外部からの人材獲得に取り組み、2023年までに1,500人の高レベルなデジタル人材育成を目標に置いています」

「こちらの図はレベルの具体的な内容です。入学2年目の新入社員でレベル2に到達する程度の教育はできますが、問題はその先なんです。

 レベル2の“わかる”と3の“できる”の間には大きな溝があります。さらにハイレベルになると、自分でできるだけでなくプロジェクトをマネジメントし、戦略的に実行できるところまで求められます。

 さすがに一朝一夕とはいきませんが、新入社員向けー既存社員むけー幹部層向け、と段階を上げながら時間をかけて取り組んでいるところです」