営業部の最前線で感じた危機感。デジタル・AIを使える人財へ

[G検定 合格者インタビューvol.3]ディープラーニング×今後のキャリア形成

インタビュー vol.3
味の素株式会社
川田 圭介さん(物流企画部シニアマネージャー/G検定2021#2合格)

 DX人財育成のための社内教育プログラムをきっかけに、G検定を受験した味の素株式会社 物流企画部シニアマネージャーの川田 圭介(かわた けいすけ)さん。社員個々人の意欲や興味関心に左右されがちな社内教育プログラムに、自ら手を挙げて参加したという川田さん。G検定の受験へと駆り立てられた背景や、今後の意気込みを伺った。

G検定2021#2に合格された味の素株式会社 物流企画部シニアマネージャーの川田 圭介さん

全社員対象の教育プログラムが整備

――まず、G検定を受験されたきっかけを教えてください。

川田

 業界問わず他社さんもそうだと思いますが、食品メーカーである弊社も、全社の大きな指針としてDXを推進しています。DXというワードが社内で飛び交う中で、デジタルの知識だけではなくトランスフォーメーションの理解も重要という意味で、社内教育プログラムが組まれています。

 その教育プログラムは、イントラネットなどを通じて挙手制で申し込むスタイルで、初級・中級・上級と区分されています。昨年はまず、基礎を理解する初級を合格。そしてこの2021年度から中級にチャレンジしました。

 中級の合格要件の一つにG検定のパスが必要項目としてあります。そこで今年の4月から勉強を始めて、7月に受験しました。

――教育プログラムでの学習内容は、G検定などを含めたデジタル領域が中心なのでしょうか? それともロジカルシンキングやリテラシーといったビジネススキルの領域も含まれているイメージなのでしょうか?

川田

 両面だと思います。「デジタルの知識だけあればいい」というわけではなく、「それをどう使うか」という考え方の方が大切じゃないですか。特に若手は、「物事をどう論理的に見て、どう筋道を立ててゴールへと導くのか」という、ビジネスの基本をきちんと押さえておくことが前提として必要です。

 その方法として、これまで諸先輩方がやってきた“汗水垂らして……”という手法ではなく、より効果的にスピード感を持って、デジタル領域を含めた様々なツールを活用していく。そういった人財の育成を、会社として進めたいという考えだと認識しています。

――では、初級・中級・上級を受講する社員のペルソナはどのように設定されているのでしょうか。また、川田さんと同じ部署内での状況はいかがでしょうか。

川田

 まず、この教育プログラミングは全社員が対象になっているので、年代、役職、部門問わずに、全員が同じカリキュラムをこなすような形です。

 私の現在の役割は、専任部長のような形でプロジェクトマネジメントをやっています。そのためシステムなどには全く触れない部門に所属しています。

 G検定の受験に関しても、「IT部門か否か」「システムを触っているか触っていないか」というのではなく、AIやディープラーニングの仕組みを活用して、新しいビジネスを組み立てるための発想を持つことを目指すためものだと捉えています。