全従業員向けのデジタル教育を本格化するSMBCグループ。新しい価値創出へ、全員で挑むDX

[G検定 合格者インタビューvol.4]ディープラーニング×DXによる新しい価値創出

インタビュー vol.4
三井住友銀行
赤木 佳乃さん(データマネジメント部 非役/G検定2020#2合格)
松尾 翔さん(システム統括部 上席部長代理)

 2021年度から、全従業員5万人を対象にしたデジタル変革プログラムを始動させたSMBCグループ。「作る人だけでなく使う人も含めた全従業員デジタル教育を」をキーワードに、さまざまなコンテンツを用意している。そんなSMBCグループにおいて、“作る人”の先頭を切って道を示しているのが、データマネジメント部の赤木 佳乃さんだ。

 学生の頃からディープラーニングに関心を持っていた赤木さんは、法人営業部在籍時に自発的に学習を始めG検定に合格。DXに全員で挑む社内風土の中、それを牽引する存在にあたる赤木さんに、ディープラーニングやAIを学ぶ意義を聞いた。また今回は、従業員向けプログラムを統括するシステム統括部上席部長代理の松尾 翔さんにも、デジタル人材教育における取り組みの概要を伺った。

三井住友銀行 松尾 翔さん(左)、同社 赤木 佳乃さん(右)

法人営業部で顧客と相対する中で感じた重要性

――G検定を受験されたきっかけについて教えてください。

赤木

 昨年春にたまたま書店で「白本」と呼ばれている公式テキストを見てG検定の存在を知り、その年の7月に受験しました。かねてからAIに関する技術や知識を体系的に学びたいと思っていたことと、コロナ禍で中止・延期になってしまう資格試験も多い中で、G検定は自宅で受験できることが決め手となりました。

 私は大学と大学院でハードウェアの研究を行っていました。ディープラーニングは使っていなかったのですが、他の方の研究発表でディープラーニングを利用した画像認識の話をよく聞いていました。「私はすごく狭いなかのトレンドしか知らないのではないか」という思いがあり、ほかの分野ではどのような技術があって、なにがトレンドなのか気になっていました。

 また、G検定を受験した当時は法人営業部にいたのですが、お客さまとの会話する上でもディープラーニングへの理解を深める必要があると感じており、一度体系的に学んでみたいと思っていました。

――実際に勉強をされてみての感想はいかがですか。

赤木

 まず白本を読んで知識を把握して、黒本(公式問題集)を解いていきましたが、正直なところ「受かるかわからないな」と状態で受験に臨みました(笑)。継続的な学習や情報収集が大事だなと感じました。

 自然言語処理など全然知らなかった分野は「いろはのい」を白本で学びました。「なぜAIが出てきたか」という最初の背景は、知っていた内容が多かったのですが、“ここが弱いな”と思ったのは最新の動向です。

 試験本番では、様々な企業の実際の取り組みに関する問いがあり、選択方式ながらもわからないところがいくつかありました。今後、継続的に学習や情報収集をしていきたいと思います。

“全従業員”をキーワードにデジタル変革プログラムを推進

――SMBCグループのDX人材育成施策の状況について教えてください。

松尾

 私はデジタルIT人材育成の担当で、「デジタルユニバーシティ」と呼ばれる専門教育チームの組織のヘッドを勤めています。現在は“全従業員”をキーワードに、デジタル変革プログラムを本格化しています。

 「デジタルユニバーシティ」は2016年から設立しており、一般教養という意味でのリテラシー教育はかねてから行ってきました。しかし、もう一歩進んだものとして、2021年3月からSMBCグループ主要8社の従業員約5万人に向けたプログラムを提供しています。

 その全従業員向けプログラムでは、特にマインドセット教育に力を入れています。専門的な部署以外の従業員にも「なぜ自分がデジタルを学ばなければいけないのか」と、腹落ちしてもらうためです。

――具体的にどのような教育体系になっているのでしょうか。

松尾

 流行りの言葉で言うところの「リスキリング」がポイントです。我々が全従業員向けプログラムを作るときのキーワードが「作る人だけじゃなく、使う人も含めた全従業員教育」です。使う人、つまりデジタルツールを使いこなして効率化を図ったり、お客さまへご提案したりする人の学びを支えるプログラムになっています。

 具体的には、全従業員向けプログラムは5つのプログラムから構成されています。

 まずは、基礎を学べる自社制作の動画コンテンツです。10分単位の動画で合計5時間ほどあり、スマートフォンで通勤中などいつでも視聴できます。2つ目が、体験型のワークショップです。動画で見た内容をさらに理解するための体験を全3種類用意しています。

 3つ目は継続学習アプリです。移り変わりが激しいデジタルの分野は「常に学ぶ」姿勢が重要です。こちらも自社開発したアプリで、コラムを読むと自分のアバターが成長して進化していくといったゲーム要素も取り入れています。

 4つ目の応用学習は、リスキリングに紐づく仕掛けです。基礎学習で「もっと学びたい」「もっとお客さまにこういった情報を提供したい」と感じた従業員のために、ディープラーニングやデータサイエンスなどを学べる専門研修や動画を200種類以上多数用意しています。

 5つ目は社内SNSです。講師やアプリから一方的に教えてもらうだけではなく、従業員同士で教え合う相互学習ができるコミュニティを運営しています。これらの学習プログラムを通じて、基礎学習から徐々にマインドが高まっていき、「使う人から作る人へのリスキリング」へと流していくような仕組みにしています。まさに赤木さんは、「作る人」の先頭を切って道を示してくれている存在で、本当にありがたいです。