【人材育成 for DX】開催レポート #2「SMBCグループにおける『全従業員向け』デジタル教育」

ゲスト:三井住友フィナンシャルグループ 松尾 翔 氏

 JDLAでは、デジタル人材育成に積極的に取り組む企業から学ぶ、無料ウェビナー「人材育成 for DX」を開催しています。このセミナーでは、DX推進の鍵となるデジタル人材育成に関して、毎回企業ゲストをお招きしながら様々な実際の取り組みをご紹介。そのノウハウを紐解き、お伝えします。

 2021年10月18日(月)に開催した「人材育成 for DX #2」では、三井住友フィナンシャルグループの松尾 翔(まつお しょう)さんをゲストに迎え、SMBCグループのデジタル人材育成についてお話しいただきました。

こちらの動画の閲覧はDL for DX ニュース会員限定になります。閲覧パスワードはDL for DX Newsメールまたは会員登録後のサンクスメールにてご確認ください。会員登録はこちらから。

●登壇者紹介

三井住友フィナンシャルグループ IT企画部/三井住友銀行 システム統括部
松尾 翔(まつお しょう)氏

為替/デリバティブ、ALM、リスク管理等の業務経験を経て、システム企画の業務に長年従事。その後、英国ロンドン現地法人に赴任し、IT統括、法規制対応案件等に多数従事。帰国後はIT戦略、IT投資運営等の戦略策定業務、デジタル人材育成業務を担当し幅広く活動。

JDLA 理事/事務局長
岡田隆太朗(おかだ りゅうたろう)[モデレーター]

2017年、ディープラーニングの産業活用促進を目的に一般社団法人日本ディープラーニング協会を設立し、事務局長に就任。2018年より同理事兼任。緊急時の災害支援を実行する、一般社団法人災害時緊急支援プラットフォームを設立し、事務局長として就任。コミュニティ・オーガナイザーとして、数々の場作りを展開。

良いサービスを生む行動変革を取るか、何もせず消滅するか=DX or Die

 まず、JDLAの岡田から本セミナーシリーズの趣旨説明とデジタル人材育成における課題意識を共有するとともに、デジタル人材に求められる能力をご説明。その後、松尾さんによるプレゼンテーション「SMBCグループにおける『全従業員向け』デジタル教育」がスタートしました。

「近年どんどん出てきているデジタル技術は『垣根を壊す』と言われています。今までは既得権益の中でビジネスができていたところに、デジタル技術が登場しました。

 お客さまは海外企業や他地域の同業他社、異業種・テック企業ともタッチポイントが増えている今、最後は『お客さまにとっていかに良いサービスを生み出すか』の勝負になると思っています。

 既得権益という垣根が壊れて競争の波に晒されたときに、何もせず消滅するか、または変革行動をして良いサービスを生み続けていくのか、我々はこの2択に迫られています。

 ここで登場するのがDXです。『DX or Die』という言葉もよく聞かれますが、目覚ましい価値を秘めたデジタル技術を使って、良いサービスを生み出すための変革行動をしていくことが求められています」

「攻めと守り」の両輪でDX化を進める

「弊社では、DXを4象限で表現しています。上の段が新規事業、下の段が既存事業。左側が『既存の価値改善(守りのデジタル化)』、右側が『新しい価値創出(攻めのデジタル化)』という方向です。どの方向をやるかによって、ネーミングを変えています」

「我々がDXとして注力してなければならないと思っているのは右側です。デジタル技術を使って既存事業を変革し、新たな価値を生み出し、売上を拡大していく。この右下の取り組みをDXと呼びます。

 さらに我々は金融業を超え、デジタル技術を使って新規事業による価値創造、売上拡大も目指す。この右上の取り組みをデジタルイノベーション(DI)と呼んでいます。世間では右側まとめてDXと一言で言うケースもあるかもしれませんが、弊社は『金融業を乗り越えてさらに新しい付加価値を生み出す』ことを強調するために、DI/DXと分けています。

 ただ、新規事業を立ち上げたり、売り方・売り物を変革したりすることは、片手間ではできないですよね。人員の余裕もありませんし、『DXだけやる』のは難しいと思います。そこで、余力をいかに生むかが大事になってくると考えます。

 弊社では全員が一丸となって、デジタイゼーション(守りのデジタル化)で、既存ビジネスの効率化やコスト削減をすることで生まれた予算の余力や人の余力をDX(攻めのデジタル化)にシフトしていく。この“攻め”と“守り”の両輪でDXをやっていこうとしています。

 だからこそ、『全員』がポイントなのです。全員がDI/DXと、デジタイゼーションの両輪をやっていくのが大事だと思っています」