文化祭での経験から起業家志向に。自らAIを学び、最前線の研究室を志す高校3年生

[G検定 合格者インタビューvol.6]ディープラーニング × 現役高校生

インタビュー vol.6
金沢大学付属高校3年生
千代 航平さん(G検定2021#2 合格)

 コロナ禍でプログラミングの学習を始め、文化祭でドローンをプログラミングで飛ばすというプロジェクトをきっかけに、AIやディープラーニングへの興味を持つようになったという金沢大学附属高等学校3年生の千代 航平(せんだい こうへい)さん。G検定の学習を通して具体的な進路も明確になってきたという千代さんは、どのような将来像を描いているのだろうか。

文化祭でプログラミングによるドローンフライトショーを実施

――AIやディープラーニングに興味を持ったきっかけが、2年生の文化祭で行ったドローンフライトショーだったとのこと。

千代

 コロナ禍で家にいる時間が増え「新しいことを始めよう」と思い、2年生の8月頃からプログラミングの学習を始めました。その後、10月の文化祭でドローンをプログラミングで飛ばすというプロジェクトを行いました。そのプロジェクトをきっかけに、AIやディープラーニング技術により興味が湧くようになりました。

 ドローンプロジェクトは、小さいドローン20台を音楽を流しながら体育館で飛ばすというものです。そのプログラミングはほぼ独学で、Pythonを同時並行で学びながらやっていったのでとても大変でしたね。プロジェクトの資金約25万円をクラウドファンディングで集めたというのもいい経験になりました。

――ドローンプロジェクトの反響はいかがでしたか?

千代

 多くの生徒や先生方に見ていただくことができました。20台を一緒に飛ばすのは本当に大変でしたが、最後にはうまくいってとても嬉しかったです。

――その経験が、G検定を受験するきっかけにもなったのですね。

千代

 その後、AIに興味を持って調べたところ、G検定があることを知りました。もともと新しいテクノロジーに興味があったのですが、“ディープラーニング”という言葉はなんとなく聞いたことがある程度でした。「実際はどんなものなんだろう」ということを深く知りたいなと思い勉強を始めました。

 2021年7月#2の試験に向け、本格的な勉強は6月頃から始めました。公式テキストは4月頃に買ってはいたのですが、知らない単語ばかりだったのでまず読むことから苦労しました。

――とはいえ、初めての受験で1発合格されています。学習のコツを教えてください。

千代

 放課後に時間を取って、単語を調べたり参考書や問題集を解いたりしていました。勉強方法としては、わからない単語を全部エクセルに打ち続けて、それを1個1個インターネットで検索して意味を当てはめる、というのを繰り返していました。直前になるにつれて「これはやばいぞ」と焦りが出て勉強時間が長くなっていき、1度勉強を始めたらがっつり数時間はとるようにしていました。

――勉強のモチベーションはどのように維持していたのですか?

千代

 調べていくと自分の知らない世界がそこにあったので、純粋にとても面白かったというのがあると思います。また、ディープラーニングの技術は数学や物理など他の知識にも支えられていることを知ったので、「大学でも学んでいきたい」という意欲にもつながりました。

――周りのご友人などの中でG検定を受ける人はほとんどいなかったとのこと。受験料も安くはないかと思いますが、それでも受験しようと思った一番の大きな動機はなんだったのでしょうか?

 学習が単純に面白かったことが一つです。あとは、プログラミングはやっていて楽しいのですが、なかなか目標が持ちづらかったので、学習の指標としてチャレンジしようかなと思いました。