行政はAI活用のフロンティア 宝探しのイメージで組織内DXや市民サービス向上で新価値創造に取り組む

[G検定 合格者インタビューvol.7]ディープラーニング × 豊田市役所のDX加速

インタビュー vol.7
豊田市情報戦略課
井上 祐策さん(G検定2020#2 合格)

 豊田市職員の井上 祐策(いのうえ ゆうさく)さんは、組織内とまちづくり両面でDXを進める部門への異動をきっかけにAIやディープラーニングの学習をスタート。現在では、G検定取得に向けた部署横断のAI勉強会を開催するなど、職員の意識改革の旗振り役としても活躍中だ。デジタル庁の創設や自治体DX推進計画の策定など、行政にもDXの波が到来しているが、行政職員がG検定を学ぶ意義はどこにあるのだろうか。

DXを加速させるための専門部署に異動

――G検定を受験されたきっかけを教えてください。

井上

 2020年4月の部署異動です。それまでは市役所内の基幹システムの保守運用を行う情報システム部門にいましたが、新設された情報戦略課へ異動しAIやデータサイエンスの活用推進を仕事として割り振られるようになりました。

 ITのことはわかってはいたものの、「AIやデータサイエンスって何だろう?」というところからの始まりでした。「何もわからないものを推進なんかできない」と思い、ひとまず勉強しようと調べてみるとG検定があることを知り、挑戦を決めました。

――情報戦略課が新設された背景にはどのようなことがあるのでしょうか。

井上

 新型コロナの流行前から、すでに情報戦略課ができることは決まっていました。それまで、情報システム部門や行政改革部門などがDXを推進しようとしていましたが、「専門組織を作った方がいいんじゃないか」という話が上がり、情報戦略課が設置されました。その後、デジタル庁創設の議論も活発になってきたこともあり、世間との歩調も合ってきたという感じですね。

――情報戦略課での主な業務内容は?

井上

 組織全体の業務内容は、一言でいうとDX推進です。「組織内のDX」と「市民サービスの向上」の2本柱で、旗振り役を担っています。その中の役割の1つに、AIやデータサイエンスの活用推進があります。

――G検定の受験前後で、業務内容や意識の変化はありましたか?

井上

 業務への具体的な影響はまだあまりありませんが、AIやディープラーニングはDX化する上で絶対に重要な道具の一つ。その認識があやふやなままではいいアイデアが出るはずがありません。やっとアイデアを出す・活用するところのスタートラインに立てたという感じがします。

 G検定の学習前は、ディープラーニングやAIへの関心はあったものの、「賢くなるやつ」程度の認識で、機械学習や深層学習という言葉すら知りませんでした。G検定のレベルの知識も無く何もわからない状態のときは、何でも「これはAIでできませんかね?」という話をしてしまっていました。

 しかし、データを使っている以上、欲しいアウトプットはどういうものでどういうアルゴリズムを使うのか、そのためにはどういうデータがインプットとして必要なのか、これらをきちんと整理しなくてはいけません。インプットとアウトプットを必ず明確にしなくてはいけないんだと理解できるようになりました。