AIとロボットの共進化とは? 研究の最前線に触れ、語り合うAI活用の未来

尾形哲也 教授(JDLA理事)×鈴木淳哉 氏(CDLEメンバー) 対談レポート

 JDLAが実施するG検定、E資格の合格者が加入する日本最大のAIコミュニティCDLE(Community of Deep Learning Evangelists)メンバーの鈴木 淳哉氏が、2022年1月、「JDLA Presents CDLE HACKATHON 2020」の予測性能部門において準優勝の副賞として、早稲田大学の尾形 哲也研究室を訪問。

 JDLA理事である尾形 哲也教授(早稲田大学 基幹理工学部 表現工学科 教授)が取り組む「AIREC」や「HATSUKI」といったAI×ロボットの最先端の研究プロジェクトを見学した後、対談を行いました。

協力:早稲田大学 尾形 哲也研究室

左から:JDLA理事/早稲田大学 基幹理工学部表現工学科 教授 尾形 哲也氏、CDLEメンバー 鈴木 淳哉氏

●プロフィール

尾形 哲也(おがた てつや)氏
JDLA理事/早稲田大学 基幹理工学部表現工学科 教授

1993年、早稲田大学理工学部機械工学科卒。同大学同学部助手、ヒューマノイド研究所 客員講師・客員准教授、理化学研究所脳科学総合研究センター研究員、京都大学大学院 情報学研究科 知識情報学専攻 講師・准教授などを経て2012年より現職。日本ロボット学会理事、人工知能学会理事、計測自動制御学会理事等を歴任。2017年からは産業技術総合研究所 人工知能研究センター特定フェローも務める。(株)エクサウィザーズ技術顧問を務める。
https://ogata-lab.jp/

鈴木 淳哉(すずき じゅんや)氏
CDLEメンバー

2019年にG検定、E資格をともに取得。各種データ分析コンテストに参画しながら、Pythonや機械学習、統計学など情報を、ブログやTwitterで発信中。
「JDLA Presents CDLE HACKATHON 2020」予測性能部門 準優勝
「JDLA Presents CDLE HACKATHON 2021」企業賞
※その他データ分析サイトコンテスト実績
ProbSpace:総合1位(金5、銀2、銅2)、Nishika:総合13位(金1、銅2)、SIGNATE:銅1、Kaggle:銅1

G検定・E資格の合格者のみが参加できるハッカソン「CDLE HACKATHON 2020」

――今日はCDLE HACKATHON 2020の副賞ということでこの席を設けさせていただきました。鈴木さん、少し時間が経ってしまいましたが改めてCDLE HACKATHON 2020に参加された経緯を教えてください。

鈴木

 AIや機械学習に興味を持った際に、G検定、E資格のことを知りました。普段の仕事はAIとは全く関係ないのですが、私は資格を取得することが好きなのもあり、G検定とE資格に挑戦しました。その二つに合格した後、CDLE HACKATHONのことをご案内いただき、面白そうだと感じたので参加させていただきました。

 私は宇宙が好きなので、CDLE HACKATHONの衛星画像からAIで24時間後の気象状況を予測する課題は、楽しみながら取り組むことができました。

尾形

 参加された皆さんの取り組みが非常に素晴らしく、かなり厳しい競争になりましたね。いろいろな方が様々なAIモデルを使われていたのも興味深く思いました。鈴木さんが使われたAIモデルは、どのようにして採用を決めたのですか。

鈴木

 ほかのコンペティションでも使われているモデルを参考に、取り入れられそうなものを探しました。評価関数を今回の目的に合うように調整し、いくつかのモデルを組み合わせて結果を得ました。

尾形

 準優勝を獲得されたということで、既にかなりの成果を残されている訳ですが、今後どのような取り組みを考えていらっしゃいますか。

鈴木

 現在、ProbSpaceやNishikaなど、予測課題がある様々なコンペティションに参加させていただいています。2021年12月には、CDLE HACKATHON 2021にもチームで参加し、企業賞をいただきました。

 いろいろなコンペに参加するうちに、「コンペだけでなく、実際の社会貢献に携わることができないか」と考えるようになりまして、様々な情報発信を始めているところです。

尾形

 本業をやられている中で、AIに関しても様々な取り組みをされている訳ですよね。本当に凄いです。副業が認められているお仕事なのですか。

鈴木

 はい、副業が認められているので、時間をやりくりして楽しく取り組んでいます。ただ、可能であれば本業にもAIを生かしたいという気持ちが強くなってきています。会社にコンペの結果は報告していますが、実業務に生かすための評価としては足らず、研究開発に携わって実績を残す必要があるのを感じています。

尾形

 そこまでのお気持ちがあって、いろいろ行動をされていらっしゃるのであれば、やりようはあるように感じますね。大学の研究室に研究員として入ることができる可能性もあるのではないかと感じます。

鈴木

 研究員をやらせていただける機会があるなら是非お願いしたいですね。大学の修士課程は修了しているのですが、博士課程には行っていないので、機会があれば博士課程に進みたいですね。


※「JDLA Presents CDLE HACKATHON 2020」の予測性能部門準優勝の副賞は当初会食を予定していましたが、新型コロナウイルスの影響を考慮し、形式を変更し実施しています。