老舗百貨店からAIスタートアップへ出向 未来の小売業像を描くために「選択肢としてAI活用を当たり前に」

[G検定 合格者インタビューvol.8]ディープラーニング × 未来の小売業像

インタビュー vol.8
株式会社GAUSS
小田 将輝さん(営業企画本部/G検定2021#1 合格)

 三越伊勢丹からJDLA正会員の株式会社GAUSS(ガウス)へ1年間出向している小田 将輝(おだ まさき)さん。GAUSSはAI開発を通じ新規事業の創出や業務効率化の支援を行うスタートアップ企業で、三越伊勢丹ではバイヤーを務めていた小田さんにとっては大きく異なる業種だ。

 それにもかかわらず、出向社員を募る公募に自ら手を上げ、GAUSS出向前には自主的にG検定も取得した。そんな小田さんは、百貨店という小売業の未来をどのように描いているのだろうか。

小田さんが出向されているAIスタートアップ、株式会社GAUSSの取り組みはこちらの記事でご覧いただけます!

「百貨店のこれまで商売のやり方では支持され続けない」という危機感

――三越伊勢丹からAIスタートアップのGAUSSに出向されているとのことですが、出向のきっかけを教えてください。

小田

 2010年に三越伊勢丹に入社し10年以上百貨店で小売業界に携わってきましたが、従来の商売のやり方がお客さまや世の中に支持されにくくなってきているように感じていました。未来の百貨店像や小売の在り方を描くにはどういう力を身につければよいかと考えたとき、今急速に発展しているAIやディープラーニングなどのテクノロジーを当たり前に使えるようにならなければいけないと思いました。その一歩として、GAUSSへの出向を募る公募に手を挙げ、2021年4月に出向しました。

――「これまでの商売のやり方ではお客さまや世の中に支持されにくくなっている」とは、具体的にどのようなことを指すのでしょうか?

小田

 ひとつは情報の取り方です。これまでは、自分の足で産地に通ったり展示会を巡ったりして情報を仕入れ、そこでしか出会えないものやこれまで見たことがないものを仕入れてご紹介することでお客さまに価値提供する、ということをずっと行ってきました。

 しかし、近年はSNSで情報が広まる速度が上がり、お客さまの方が情報を知っていることも多々あります。「これまでのやり方を進化させていかなければ世の中に必要とされなくなってしまうのでは」という危機感がありました。

 また、新たな取組先へのアプローチにおいても、これまでは人の繋がりで連絡先を聞いてメールを送ったり、事務所へアポイントを取って訪問したりすることが一般的でしたが、若い世代の後輩は「InstagramでDMを送っておきました」と当たり前のようにやっています(笑)。

 会社に貢献して世の中の役に立つためには、今の自分を世の中の変化に合わせてアップデートさせるような経験をしなければ、と思いました。

――現在の会社のDXに携わるのではなく、AIを専門的に扱うスタートアップへの出向という形を選んだのは、より「力をつけなければ」という強いお気持ちがあったのでしょうか?

小田

 三越伊勢丹の組織内にも、情報システムやオンラインの顧客体験をデザインする部署など、DXやOMOを推進する業務が多くあります。しかし、百貨店事業をメインとする自社の中で、DXやシステムに携わるよりも、AIやテクノロジー活用を主要事業としている会社に入り込んだ方が発想や経験の幅が広がり、帰任後により未来の百貨店像や小売業像を描けるのではないかと考えました。

――G検定を受験されたのも、出向がきっかけですか?

小田

 出向の公募の選考過程で、GAUSSとの面談がありました。その際に「何か事前に学んでおくことはないか」と尋ねたところ、GAUSSからG検定のことを聞き、受験を決めました。

 僕は何事も一歩目のスタートダッシュが肝心だと思っています。GAUSS出向後にG検定の勉強をスタートするのではなく、最低限の力を身につけ、最初から戦力になりたいという思いがありました。そこで、2021年3月の#1の試験に向けて、1月から学習を開始しました。

――G検定の学習に際し、モチベーション維持のコツや勉強時間を確保する秘訣はありますか?

小田

 受験勉強のようですが、参考書を見ながらわからない用語を調べてノートに書くという方法をとっていました。文字で埋まったノートを見て「これだけ勉強したんだ」「着実に知識を身につけられている」と自信を付けることで、モチベーションを維持していました。

 また、学習時間は合計30~40時間は確保しないと合格は難しいと言われていたので、そこから逆算して予定を立てていました。平日夜に30分から1時間、休日は3時間ほど継続的に勉強する時間を確保していました。

――実際に学習をして、AIやディープラーニングに対する印象は変わりましたか?

小田

 学習する前は、AIは「何事も全て解決できてしまう魔法のようなもの」だと思っていました。そうではなくAIも人と同じで間違えることもある、ただその精度は近年急速に発展しているんだということを学びました。ビジネスに活用しない手はないけれど「何でも解決できる」と思ってはいけないなと感じています。