「CDLEハッカソン x TMIP」データ活用による新しい価値創出の可能性を

CDLEハッカソン2021 テーマスポンサーインタビュー

「都市課題の解決」をテーマにハッカソン開催! データ活用の提案だけでなく企業とAI人材とがつながる場にも

 日本ディープラーニング協会(JDLA)が主催する「CDLEハッカソン2021」が、2021年10月~12月にわたって開催された。「CDLEハッカソン」とはG検定/E資格保有者のみが参加できるイベントで、合格者のさらなるスキルアップやスキルの実践の場、合格者同士または合格者と企業・研究機関との交流の場として提供しているものだ。

 今回の「CDLEハッカソン2021」でテーマスポンサーを務めたのは、大手町・丸の内・有楽町の大丸有エリアのイノベーション・エコシステム形成を目指すTMIP。「CDLEハッカソン」に参画した背景やその意義について、TMIP事務局の小野田 健太氏(おのだ けんた/三菱地所株式会社)と山崎 浩平氏(やまざき こうへい/三菱地所株式会社)に聞いた。

「CDLEハッカソン2021」の様子はこちら

都市DXプロジェクトを“新たな角度から盛り上げたい”と期待を込めて参画

 さまざまな業界で自動化・AI化が推し進められているが、「社内の事業データをどう活用していいかわからない」という悩みを持つ企業は多い。「CDLEハッカソン」では、企業が事業運営によって得たデータをG検定/E資格保有者が活用することで、提案のみならずAI開発や課題解決まで導いていることが特徴だ。さらには、研究員や大学教授が技術審査を行い、新規事業創出にもつなげている。

 2021年で3年連続3回目の開催となった「CDLEハッカソン2021」。今回のテーマスポンサーを務めたTMIP(Tokyo Marunouchi Innovation Platform)は、大手町・丸の内・有楽町の大丸有エリアを舞台に、大企業とスタートアップ・官・学が連携して社会課題を解決することで、グローバルなマーケットに向けたオープンイノベーションの創出を支援している会員制組織だ。大企業を中心とした約70社の会員企業と、産・学・官・街づくり団体などのパートナー、そしてその2つをつなぐ事務局によって構成される。

 TMIPでは、テーマ別の課題解決を議論する「イノベーションサークル」や、街を使ったニーズ検証・実証実験支援を行う「アーバンラボ」、規制緩和に向けた検討会や政策提言などの活動によりイノベーション創発を促進する「アドボカシー」など、骨太なプロジェクトを生み出していく機能を備えている。「丸の内発のイノベーションが世界を変える」をコンセプトに、これまでに電動キックボードの行動走行など、多くの実証実験などに取り組んできた。

 TMIPが「CDLEハッカソン2021」に参画したのは、ニューノーマルに対応した都市DXサービス開発を目指すコンソーシアムとして2021年1月に発足した「丸の内CityDXパートナーズ」の活動の一貫だった。参画企業の9社とともに、来街者のリアル行動データ解析や、丸の内をバーチャル上に再現した配信プラットフォーム「バーチャル丸の内」の構築といったプロジェクトに取り組んでいる。

 小野田氏は「『丸の内CityDXパートナーズ』では、都市のデジタル化を推進し、街に資するイノベーションの創出に向けて活動しています。この活動を新たな角度から盛り上げるため、『CDLEハッカソン2021』にテーマスポンサーとして参画しました。また、データの利活用に取り組みたいと考えているTMIPの会員企業と一緒に取り組むことで、課題解決の一助になればと考えました」と語る。