AIで人間の能力の拡張を

「ディープラーニング×ビジネス」活用事例紹介 #2

ミッションは「ヒトとAIの共生環境の実現」

 ギリア株式会社(以下「ギリア」)はディープラーニングをはじめとしたAIを活用したソリューションを、お客様の複雑な課題に合わせて提供している。ただAIエンジンを提供するだけでなく、課題の設定から導入、その後の運用サポートまでワンストップで提供するのが特徴だ。

 AI導入によって大きな成果を上げた事例や、AI活用の勘所などについて、同社の増田哲朗 取締役COOに聞いた。

ギリア株式会社 取締役COO 増田哲朗さん

ギリア株式会社(JDLA正会員社)
事業内容:人工知能及び応用技術に係るコンピュータソフトウェア、システム等の企画・開発・コンサルティング・保守等
本社所在地:東京都台東区
設立:2017年6月30日
https://ghelia.com/

――ギリアの事業内容と、創業の経緯を教えてください。

増田

 前身の会社である株式会社UEI(以下「UEI」)と、株式会社ソニーコンピュータサイエンス研究所(以下「ソニーCSL」)が2013年頃からAIについての様々な研究を共同で行っていました。その流れから、2017年にUEIとソニーCSL、ベンチャーキャピタルのWiL, LLCの3社が出資する形で当社が創業しました。

 ミッションとして「ヒトとAIの共生環境の実現」を掲げ、社会や暮らしの様々な場面においてあらゆる人が自在に使いこなせるAIを目指しています。課題解決や効率化といったことだけでなく、AIによって人間の能力を拡張し、AI技術による喜び・発見・感動体験を提供したい、と考えて取り組んでいます。

 AIに関する高い専門性を持っていることは強みではあるのですが、我々はAI技術そのものを売っている訳ではありません。AIを暮らしや社会で活用しやすい形にしてご提供することが我々の特徴です。そのために必要な、課題の設定や事前のアセスメント、導入支援、運用支援などをワンストップでご提供しています。

 実際の案件では、課題を抱えられている現場に伺い、しっかりとヒアリングすることを特に大事にしています。その際に、「AI以外の手法の方が課題解決に有効だ」と判断すれば、そういったご提案をさせていただくこともあります。

 データについても非常にこだわっています。お客様によっては、過去に蓄積したデータだけではAIを効果的に活用できない場合もございます。そのような場合は、品質の高いデータを作るところからお手伝いします。

――ギリアのソリューションは主にどのような分野で使われているのでしょうか。

増田

 我々のお客様は社会インフラに関わる事業をされていらっしゃる方が多いですね。長期間に渡りパートナー関係を築かせていただいているお客様も多いです。社会インフラの場合、例えば、ゼネコンであれば現場の安全が、小売店舗で監視カメラを使うような場合であればプライバシーが、それぞれ重要になります。それらのサービスを提供する上で必要になる倫理観は、大切にしていますね。

――しっかりとヒアリングしてお客様の課題に合ったAIを、というお話でしたが、パッケージは提供されていらっしゃらないのでしょうか。

増田

 はい、我々の事業の特徴になりますが、お客様に合わせてオートクチュールのような形でAIとシステムをご提供しています。勿論、案件を重ねたことにより技術アセットは溜まっていきますので、「前の案件で成功したあのやり方が、今回も使えそうだ」といった場面は多くあります。そういった場合には、過去の案件で用いた手法やプログラムを活用することもあります。