情報格差をなくし、社会を変える! 自動点字翻訳システムがもたらした可能性

「ディープラーニング×ビジネス」活用事例紹介 #3

JDLA主催の事業創出コンテスト「DCON」をきっかけに創業

 TAKAO AIは、JDLA主催の高専生による事業創出コンテスト「第1回全国高等専門学校ディープラーニングコンテスト2020(DCON2020)」で最優秀賞を獲得したことをきっかけに、2021年2月に創業した高専ベンチャー企業。

 現在、起業以前から開発に取り組んできた自動点字翻訳エンジン「:::doc(てんどっく)」の正式リリースを準備中で、2022年4月にはオープンβ版がリリースされる予定だ。「:::doc」を開発した経緯や、DCONでの経験、今後の取り組みなどについて、同社の板橋竜太(いたばし りゅうた) 代表取締役社長に聞いた。

TAKAO AI株式会社 代表取締役社長 板橋竜太さん

TAKAO AI株式会社
事業内容:情報アクセシビテリティ改善のための文書変換サービス等の運営・開発事業
本社所在地:東京都八王子市
設立:2021年2月25日
https://takao.ai/

――「:::doc」のサービス概要を教えてください。

板橋

 ユーザーの方がスキャンしてアップロードしたデータを、ディープラーニングを使って自動で点字に翻訳するサービスです。視覚障害者の方だけでなく、視覚障害者の方向けに情報発信する企業や団体にも使っていただくことを想定したサブスクリプション型のサービスになります。

 点訳(点字翻訳)の対象は、パソコンなどで作成・印刷したテキスト文章だけでなく、手書きの文字やスーパーのチラシ、カレンダーなど、紙に印刷・記載される可能性のある全てのものになります。

――「:::doc」を開発された経緯を教えてください。

板橋

 開発のきっかけは、2019年10月の「全国高等専門学校プログラミングコンテスト(高専プロコン)」への参加です。

 私が通っている東京工業高等専門学校(東京高専)では、以前から視覚障害者の方向けのナビゲーションシステムの研究をしています。点字ブロックの下にRFIDを埋め込み、視覚障害者の方が持つデバイスと連動して目的地に案内する、という内容です。

 そういった関係で、2019年5月に私も視覚障害者の方のお話をうかがう機会がありました。その方が、「子供が小学校でもらってくる保護者へのお知らせのプリントの内容が分からず、悩んでいる。簡単に分かるようになったら嬉しい」とおっしゃったんです。ちょうどその時、高専プロコンのためのテーマが思いつかず悩んでいたので、「これに取り組もう」と決めました。

――その時は「できそうだ」と感じて開発を決めたのですか。

板橋

 そうですね。小学校のプリントはパソコンで作ったテキスト文章ですし、OCRでも十分な認識精度が得られます。漢字の読み仮名さえ正確に振ることができれば、後はそれを点訳するだけです。ですから、「ドキュメントを自動で翻訳できないなんてことがあるか。なんでまだ世の中にないのだろう」くらいの気持ちでした(笑)。ただ、実際にプログラムを作ったりビジネスモデルを考えるうちに、徐々に非常に大変な取り組みであることが分かってきました。

――どういったところが難しかったのでしょうか。

板橋

 当初の目論見通り、学校からもらったプリントであれば高い精度で点字にできます。ですが問題は、視覚障害者の方が、読みたいと考えている紙の内容や体裁を、ご自身で把握できないことです。どういうことかと言うと、お子さんに学校のプリントを直接渡してもらう時であれば、それがプリントだと分かります。ですが、そういった場面は稀です。視覚障害者の方がご自身で私が最初に作った自動点訳プログラムを使おうとする場合、手に触れた紙の中から、文字がプリントされたものだけを選ぶことが必要になりますが、それは実際には難しい訳です。

 自動点訳を効果的に使うには、例えば郵便受けに届いた複数の紙について、それぞれどういった類のものであるかを判定し、指定したものについてはその内容を詳しく知ることができる、といった形であることが必要です。実用を視野に入れるには、これらのことが避けて通れないことが、プログラムについて考えるうちに分かってきました。

 高専プロコンに提出した、学校のプリントに限定した最初のバージョンの「:::doc」についても、視覚障害者の方から「とても役に立ちます。何もないよりずっといいです」とおっしゃっていただくことはできました。ですが、本当に役立つものにするには更なる改良が必要だと考え、2020年のDCONに向けて試行錯誤を重ねていきました。

――高専プロコンに提出した段階で、もう「:::doc」という名前があったのですね。

板橋

 はい、そうです。点読と、ドキュメントの意味の「doc」を組み合わせた言葉です。ただ、当時も名前は共通しているのですが、現在とは想定する提供形態が大きく違っていました。最初は、スキャナーと点字プリンターをセットにした据え置き型のハードウエアの提供を考えていました。

 この形にはいろいろ課題がありました。まず40万円もする高額なハードをどこに設置するかが大きな課題でした。盲学校では需要があると思いますが、それほど数が多い訳ではありませんし、視覚障害者の方の家庭に一台ずつ置いてもらうには高額で場所を取ります。仮に、導入が進んだとしても、それでは市場が小さすぎてビジネスとして成立させるには厳しい規模感でした。