【人材育成 for DX】開催レポート #4「コクヨの実験カルチャーを加速するデジタル人材育成とは?」

ゲスト:コクヨ株式会社 三宅 健介氏、山村 隆氏、山本 優子氏

 JDLAでは、デジタル人材育成に積極的に取り組む企業から学ぶ、無料ウェビナー「人材育成 for DX」を開催しています。このセミナーでは、DX推進の鍵となるデジタル人材育成に関して、毎回企業ゲストをお招きしながら様々な実際の取り組みをご紹介。そのノウハウを紐解き、お伝えします。

 2022年2月18日(金)に開催した「人材育成 for DX #4」のゲストは、コクヨ株式会社の三宅 健介(みやけ けんすけ)さん、山村 隆(やまむら たかし)さん、山本 優子(やまもと ゆうこ)さん。文具やオフィス家具を手掛けるコクヨに根付く「実験カルチャー」と、人材育成として取り組む「デジタル推進タスク」についてお三方から伺いました。

こちらの動画の閲覧はDL for DX ニュース会員限定になります。閲覧パスワードはDL for DX Newsメールまたは会員登録後のサンクスメールにてご確認ください。会員登録はこちらから。

●登壇者紹介

コクヨ DXデザイン室 室長
三宅 健介(みやけ けんすけ)氏

家電メーカーで商品企画、広告代理店グループ会社とシンクタンクで事業戦略・マーケティング戦略コンサルティングに従事したのち、2013年にコクヨに入社し、ファニチャー事業や海外事業の戦略立案を担当。その後、アマゾンジャパンでEC事業の戦略立案や事業責任者に従事したのち、2021年6月よりコクヨに復帰し、全社DX推進の責任者。

コクヨ 情報システム部 副部長
山村 隆(やまむら たかし)氏

1991年コクヨ入社。本社経営企画部門、また事業部門ではロジスティクス子会社社長などを経験、2018年より情報システム部を担当。2020年に部内にデジタル推進タスクフォースを立ち上げ、全社DXを支える人材育成への取り組みを開始。

コクヨ 情報システム部
山本 優子(やまもと ゆうこ)氏

1999年コクヨ入社。ファニチャー事業の営業・設計部門を支えるシステム企画・開発・運用を担当。2019年、AIを活用したシステム開発プロジェクトのシステム企画・開発にも携わり、2020年より、デジタル推進タスクメンバーとして、ICTツールの導入、クラウドAIサービスを活用したプロト開発、社内でのG検定資格取得支援などに従事。

JDLA 理事/事務局長
岡田隆太朗(おかだ りゅうたろう)[モデレーター]

2017年、ディープラーニングの産業活用促進を目的に一般社団法人日本ディープラーニング協会を設立し、事務局長に就任。2018年より同理事兼任。緊急時の災害支援を実行する、一般社団法人災害時緊急支援プラットフォームを設立し、事務局長として就任。コミュニティ・オーガナイザーとして、数々の場作りを展開。

DXはデジタル“トランスフォーメーション”はなく“エクスペリエンス”

 まず、JDLAの岡田から本セミナーシリーズの趣旨説明とデジタル人材育成が急務であるという現状の共有をはじめ、デジタル人材が身につけるべき能力についてご説明。その後、三宅さん、山本さんによるプレゼンテーション「コクヨの実験カルチャーを加速するデジタル人材育成とは?」がスタートしました。

 まずは、三宅さんから「コクヨに受け継がれる『実験カルチャー』」をテーマに、コクヨの中長期戦略やカルチャーをご紹介いただきました。

三宅

 コクヨの強みは「体験デザイン」です。オフィス家具であれば、それを使うことで働き方や学び方にどのような変化が起こるのかを考えながら開発・販売しています。

 コクヨの今後10年間の長期ビジョンとして、「Work&LIFESTYLE COMPANY」を掲げています。体験デザインの強みを生かしながら、文具・家具メーカーの枠にとどまらず、多様な働き方や暮らし方・学び方をご提案していくことで、世の中の皆さんが豊かな生き方を創造することに貢献する企業に進化したいと考えています。

 既存事業に体験デザインという強みを掛け合わせることで、既存事業のブラッシュアップや領域拡張、新しいニーズの事業化をしていくことができると考えています。つまり、既存事業を拡張していくためのテコとしてデジタルを活用していくことが非常に大事であるということです。

三宅

 そのような中で、私が所属する経営企画本部DXデザイン室は、各事業部と山村・山本たちが所属する情報システム部との間に入り、事業部に密着しながらデジタル戦略を推進しています。

 部署の名前にもある“DX”は、通常は「デジタルトランスフォーメーション」を意味しますが、私たちは「デジタルエクスペリエンス」と定めています。「エクスペリエンス」は、私たちの強みである「体験デザイン」の「体験=Experience」から来ています。

 DXはシステムを入れることが目的ではなく、あくまでも中心は顧客や従業員。顧客体験を起点とした戦略シナリオ策定支援や、顧客体験価値最大化に向けた従業員の働き方デザインに取り組んでいます。

実験カルチャーを体現する新オフィスが誕生

三宅

 体験デザインを事業につなげていくにあたり、大切にしているものが「実験カルチャー」です。下記は、1969年に大阪本社ビルを建て替え、「ライブオフィス」をスタートさせた際に出した新聞広告です。

三宅

 このときから既に「明日のビジネスシステムを考える 生きた実験ビル」と掲げています。ライブオフィスとは、オフィスをお客様にも見えるように開放する取り組みで、53年前から社員自身が体験者として自社の商品を使うことで商品やサービスの改善をしてきました。

 そして2021年2月、東京品川オフィスをリニューアルし、「THE CAMPUS(ザ・キャンパス)」としてオープンしました。地域や他社にも開かれたオフィスとして、新しいビジネスを作っていく実験場のように活用していきたいと考えています。

 他社さんの在庫商品をまとめて一般のお客様に売り出すマーケットを開催した「街に開く実験」のほか、以前から取り組んでいるライブオフィスの「働き方の実験』、「THE CAMPUS」1階の「THE CAMPUS SHOP」でAR(拡張現実)を使った買い物体験の実験を行う「顧客体験の実験」など、「THE CAMPUS」ではすでに様々な実験が行われています。