「ロボット×ドローン×ディープラーニング」で 日本の送電線点検における問題解決へ。高専発企業「三豊AI開発」の挑戦。

[ディープラーニング×ビジネス]活用事例紹介 #5

DCON出身「ものづくり×AI」スタートアップ企業の挑戦

 2020年8月に創業した三豊(みとよ)AI開発は、送電線の点検確認作業を専用の撮影ロボットと、ディープラーニングによる画像解析を組み合わせて行うソリューションを展開している。

 同社の武智 大河(たけち たいが)代表取締役社長は、JDLA主催の高専生による事業創出コンテスト「全国高等専門学校ディープラーニングコンテスト2019(DCON2019)」で準優勝を獲得している。ソリューションの強みやDCONでの経験、今後の展開などについて武智社長に聞いた。

三豊AI開発株式会社 代表取締役社長 武智 大河さん

三豊AI開発株式会社
事業内容:AI(人工知能技術)に関する研究・開発社会課題解決のためのソリューションの開発
本社所在地:香川県三豊市
設立:2020年8月19日
https://mitoyo-ai-dev.com/

――事業内容を教えてください。

武智

 「AI送電線点検システム」など、ロボットとAIを組み合わせたソリューションを開発しています。そのほか、業務効率を上げるためのコンサルティングやソフトウエアの受託開発、スマートフォンアプリの開発なども手掛けています。ハードからソフト、AI実装など、ソリューション関連するもの全てを手掛けられることを強みにしています。

――コンサルティングや受託開発は、具体的にはどういった内容なのでしょうか。

武智

 「こんなシステムができると便利だけれども、一般的なSIerにお願いしてガチガチなシステムにすると金額がかかりすぎてしまう」といったケースは多いと思います。そのようなお悩みを持つ企業様や自治体様向けに、大手プラットフォーマーが提供している無料のサービスやツールなどを組み合わせて、安価にシステムを構築しています。

――AI送電線点検システムについて概要を教えてください。

武智

 まだ開発中の部分もあるので、構想を含めて全体像をお話しします。まずロボットに搭載したカメラを使って送電線の画像を撮影します。ロボットが動く際はドローンの機能と、送電線をレールのようにして走る機能の2つを使い分けます。最初に送電線に乗る時はドローンの機能を使い、撮影の際は送電線の上を走り、鉄塔のところに来るとドローンの機能で飛び越えて再び送電線に乗る、といった具合です。

 あらゆる角度から送電線を確認できるよう、ロボットには3つのカメラが付いており、その画像をGPSの位置情報を基にして繋ぎます。その画像をディープラーニングが解析し、異常を検知します。確認した結果は、自動で報告書にまとめることが可能です。検知した異常を人間が改めて確認できるよう、専用のビューアーも用意しています。

――人間が改めて確認する理由は何なのでしょうか。

武智

 小さな異常ではあるけれども、まだ報告する必要ない、といったものを人間が判断して省くケースがあります。また鳥の糞を異常と判定しまうケースなど、解析のミスも混ざることがあるので、そういったものがそのまま報告されるのを防ぐために人が改めて確認します。

――ディープラーニングを使って、どのように異常を検知しているのでしょうか。

武智

 通常の異常検知では、異常と判定された画像を大量に集め、それをディープラーニングに学習させます。しかし、送電線の異常の場合、学習できるような教師データとなる画像が極端に少なく、その方法は難しいことが分かりました。そのため、正常な画像を大量に学習させて特徴を掴み、それに当てはまらないものを異常と判定する、という形を採っています。

 私が開発したAIは、色々な環境で活用できるのが強みです。例えば海辺であれば塩が電線に付着していたり、工場の近くでは煙突の煙で電線が汚れている、といったことがあります。付着した塩やススの汚れなどを全て異常として検知すると効率が落ちてしまうので、そういったものを認識しないよう環境に合わせてAIをチューニングできます。

――今お話ししていただいた構想のどれくらいの部分が既に完成しているのでしょうか

武智

 AIエンジンについてはほぼ完成しており、四国内において実証実験を進めています。ハードウエアの開発はドローンの部分にまだ課題が残っています。2024~2025年頃の完成を目指しています。