入社2年目でAI社内研修の講師を担当 IT部門のみならず事業部門こそ「AI活用のアイデアを」

[G検定 合格者インタビューvol.11]ディープラーニング × DXにおける若手社員の活躍

インタビュー vol.11
サントリーシステムテクノロジー株式会社
中川 要さん(先端技術部/G検定2019#3合格)

 サントリーグループ各社のビジネスをITで支えるサントリーシステムテクノロジー株式会社。同社では、より的確なAI運用を進めるべく2019年からスキルアップAIの研修プログラムを導入。さらに、先端技術部の若手社員をAI研修の講師として育成している。

 その講師1号に指名されたのが、当時入社2年目だった中川 要(なかがわ かなめ)さんだ。G検定も取得し、社内のみならずグループ全社向けの研修でも講師を務めている中川さんに、社内講師を務めるメリットや苦労点、AIをビジネス活用するためのポイントについて聞いた。

サントリーシステムテクノロジー株式会社で、グループ全社に向けたAI研修の講師を務める中川 要さん

入社2年目でAIの社内講師に指名

――まず、中川さんのご所属と現在の仕事内容について教えてください。

中川

 2018年にサントリーシステムテクノロジー(以下、SST)に入社し、現在は先端技術部でサントリーグループの事業におけるAI推進や技術開発、新技術の導入検討・検証を行っています。また、グループ全社に向けたAI研修の講師も務めています。

――G検定を受験されたのは、どのようなきっかけだったのでしょうか?

中川

 2019年に、「AIの知識を広く学んでいこう」という社内での呼びかけのもと、スキルアップAIさんのAIの研修プログラムを受講したことがきっかけです。そこでG検定の存在を知り、力試しの意味でも受験することにしました。

 また、AIに関する知識やノウハウを社内・グループ全体で広めていける体制づくりが必要だということで、AIの社内講師の指名を受けました。「人に教える」という意味でも、基礎的な知識をしっかりと身につけておかなければならないと思い、G検定を受験しました。

――G検定の合格後に講師の打診があったのではなく、研修を受ける段階から事前に指名があったのですね。

中川

 そうですね。私が所属する先端技術部は、入社1~3年目の若手が多く「新しい風をどんどん吹き込んでいこう」という雰囲気があります。「人に教えるということが、教える側の一番の勉強になる。」という理由で若手の講師に決まり、“講師1人目”となりました。

 現在は、私より下の世代の後輩たち3~4人に講師のノウハウを教えていて、どんどん若手講師が増えている状態です。

――「若手にどんどん挑戦してもらう」というカルチャーがある職場なのですね。とは言っても、講師に指名されたとき中川さんはまだ入社2年目。当時はどのような心境でしたか?

中川

 元々、人前に立つことが苦手で「まさか私に任命されるとは」という気持ちでした。大学は情報系の学科だったのである程度知識はあったものの、ビジネス適用の観点で体系だった知識は身につけたことがなく、最初は不安もありました。

――G検定の合格に向けた勉強方法や期間、学習のコツを教えてください。

中川

 「講師やるのに落ちているわけにもいかない!」というプレッシャーがあったこともあり、定時後に毎日30分~1時間ほど時間を取って、テキストを読んだり問題集を解いたりするのを1カ月ほど続けていました。

 また、15人ほどの社内勉強会にも参加していました。昼休みの時間やオンラインのチャットを使いながら、問題集を解いていてわからないところを教えあったり、受験時に持ち込むシートのポイントの共有をし合ったりしていました。同僚が頑張っている様子を見て「自分も頑張ろう」とモチベーションが湧いてきましたね。

――学習をされてみての感想はいかがでしたか?

中川

 入社してからAIを使った業務もありましたが、画像解析のAIのAPIを使って、「ちょっと構築しました」というぐらい。大学でも機械学習を学び研究でも使ってはいたのですが、ほぼ忘れてしまっていて、勉強しながらだんだん思い出していく感じでしたね。

 学習したことで、AIに関する全般的な知識を身につけることができて、「これだけの知識があればある程度人には教えられるかな」という自信はつきました。また、法律や歴史、実際の先端的なAIの研究事例など、様々な方面の知識を得られたのは面白かったですね。法律の問題は、AIを使っていくにあたっては「こういうことも考えなきゃいけないんだ」と、これまで全く意識してこなかったことも知ることができました。