【DCON2022】高専生がディープラーニング×ビジネスで競うコンテストの現在地

[4月28日(木)・29日(金・祝)開催] DCON2022公式レポート!

 高専生が日頃培ったものづくりの技術とディープラーニングをかけあわせ、企業評価額を競うコンテスト「高専制度創設60周年記念 第3回全国高等専門学校ディープラーニングコンテスト2022(以下、DCON2022)」の本選が2022年4月28日(木)・29日(金・祝)の2日間に渡り開催された。

 本稿ではDCON2022を振り返りつつ、注目したチームと、筆者が感じた本コンテスト、及びAI・ディープラーニングという技術の現在地について改めて俯瞰してみたい。

認知症を予防し早期発見することを可能にするインソール型デバイス「D-walk」を開発し、今回、見事最優秀賞を獲得した一関工業高等専門学校の「Team MJ」。
■Writer’s Profile
高島 圭介(たかしま けいすけ)

PR会社を経て、AI関連メディア「Ledge.ai」にてライター・編集として数々のAI活用事例を取材。その後、スタートアップのPRを経て、現在はフリーライターとして活動中。AI・DX・SaaS関連の事例取材が好き。

10億円超えが3チームも生まれたDCON2022

 はじめに、DCONとは何かを改めて振り返っておこう。DCONとは、高専生がディープラーニングを活用したビジネスアイデアを考案し、ピッチを審査員であるVC(ベンチャーキャピタル)に対して行い、企業評価額、投資額の合計で競うコンテストだ。今年は第4回の開催となる。

 評価の軸は技術性もさることながら、あくまで「事業として稼げる見込みがあるか」がポイントとなる。そのため、高専生たちは日頃触れている技術のみならず、ユーザーニーズをヒアリングし、ビジネスモデルを構築したうえでこのコンテストに臨んでいる。

 高専生たちがピッチを行い、終了後、審査員のVCがチームを企業と想定した場合の企業価値評価額(バリュエーション)と、投資額を決定。バリュエーションと投資額を合計してもっとも高いチームが優勝となる。

 今年の予選には41チームから応募があり、今回の本選には10チームが残った。この記事の本筋ではないのでネタバレで恐縮だが、以下が今回の本選の結果となる。

 筆者は第一回のDCONを取材しているが、以前と比べると遥かに規模が大きくなったと感じた。会場の大きさやスタッフの数もさることながら、有り体に言えば、より「ピッチコンテスト」っぽくなった。高専生のプレゼンや演出も洗練され、より社会に向けた発信を志向しているように感じた。

 スケールが大きくなったのは投資額に関してもだ。今回のDCONでは、企業評価額が10億円超えのチームが3組も生まれている(第一回の優勝チームの評価額は4億円)。岸田総理が年頭記者会見で2022年を「スタートアップ創出元年」と位置づけ、「スタートアップ創出に強力に取り組む」と明言しているが、DCONにも、スタートアップ創出装置としての期待がかかっているのが見て取れた。

 実行委員長の松尾 豊氏は閉会式でこうコメントしていた。

松尾

「今回のDCONは、非常にレベルが高いものでした。DCONはファンが多く、NHKさんや日経新聞さんにもサポートいただき、今年から文部科学大臣賞、経済産業大臣賞を作ることができたのもすごく名誉なことです。今回は海外チームのエントリーもありました。日本の持続的経済成長において、一番のテーマ・課題は、スタートアップ企業の創出であり、なかでも高専生のポテンシャルを非常に感じています。ディープラーニングを活用してイノベーションを起こし、世の中に変化を起こしていってほしいと思います」

取材・文:高島 圭介