ITソリューション事業へと舵を切る中で G検定を含むIT基礎資格の取得を支援

[G検定 合格者インタビューvol.13]ディープラーニング × キヤノンMJのデジタル人材育成

インタビュー vol.13
キヤノンマーケティングジャパン株式会社
佐伯 若奈さん/高畑 広志さん/阪尾 紫葉さん/高木 悠一さん

■合格者Profile

・佐伯 若奈さん(総務・人事本部 グループ人材開発センター 部長/G検定2022#1合格)

・高畑 広志さん(総務・人事本部 グループ人材開発センター 人材育成課 課長代理/G検定2021#3合格)

・阪尾 紫葉さん(エンタープライズビジネスユニットMA事業部 デジタルビジネス推進本部 製造SS統括部 SS第一グループ チーフ/G検定2020#2合格)

・高木 悠一さん(IT本部 デジタル戦略部 デジタル変革推進課 課長/G検定2022#1合格)

 G検定を含むIT系の基礎資格6つの受験を推進し、デジタル人材育成に取り組んでいるキヤノンマーケティングジャパン(以下、キヤノンMJ)。

 G検定の取得推進者でもある総務・人事本部 グループ人材開発センターの佐伯 若奈(さいき わかな)さんと高畑 広志(たかはた ひろし)さんに、同社が進める人材育成の方針について聞いた。

 また、事業でAIを活用するためにG検定を取得したエンタープライズビジネスユニットMA事業部の阪尾 紫葉(さかお しのぶ)さんと、社内外のデータ活用推進を担うIT本部 デジタル戦略部の高木 悠一(たかぎ ゆういち)さんにG検定を受験したきっかけや合格後感じる変化等について聞いた。

キヤノンマーケティングジャパン株式会社 G検定合格者の皆さん。左から:高畑 広志さん、佐伯 若奈さん、阪尾 紫葉さん、高木 悠一さん。

基礎スキルとして、IT系6資格を受験奨励

――まず、総務・人事本部の佐伯さんと高畑さんのお二人から、現在の部署や業務内容を教えてください。

佐伯

 総務・人事本部 グループ人材開発センターでは、主にキヤノンMJの人材育成領域を担当しています。事業ごとに必要なスキルを定義しつつ、横断的で基礎的なスキルの人材育成体系を作成し、支援・運用しています。約3年前からは、IT系の共有スキルもしっかりと身につけて足元を固めていくべく、ITパスポート試験の受験奨励や、基礎的なDXについて学ぶeラーニングの導入を推進しています。

高畑

 私は、新入社員研修や2年次研修などの一般社員向け階層別研修の統括をしています。また、社員の資格情報の管理も私たちの課で行っており、先ほどのITパスポート試験をはじめとするIT系資格取得推奨なども注力していることのひとつです。

――キヤノンMJにおける、デジタル人材育成への取り組みの概要を教えてください。

佐伯

 2021年に、長期経営構想(2021-2025)を策定しました。そのうち「2025年ビジョン」では「社会・お客さまの課題をICTと人の力で解決するプロフェッショナルな企業グループ」と掲げています。

 “キヤノン”というと、カメラや複合機、プリンターといったキヤノン製品の国内のマーケティングのイメージがまだまだ強いかと思いますが、昨今はITソリューション事業に非常に力を入れています。持続的な成長に向けてITソリューション事業を中核とした事業ポートフォリオへと転換し、事業を通じた社会課題解決を通じて企業価値向上を図るという大きな構想があります。

 デジタル人材育成については、個々の部門で事業上必要な施策を打ったり、IT部門を中心に進めたりしている状況です。中でも、今回参加している阪尾が所属するエンタープライズビジネスユニットは、かなり早いうちから先進的にデジタル人材育成に注力しています。また、高木が所属するIT本部はキヤノンMJのデジタル化を推進している部署でもあるため、特別な教育体型を組んで実施しています。

 2022年1月からは、総務・人事本部で選定したIT系の基礎資格6つについて、合格時に受験料を会社が全額負担する、という取り組みを始めました。この6資格の一つにG検定が含まれています。今後はさらに上位のスキル取得に向けて、私たち人事部門とIT部門、事業部門とも協力しながらスキルアップを目指しているところです。

――G検定を含む6つのIT基礎資格の取得推進について、それらの資格を選んだ理由は?

高畑

 会社は今、ITソリューション事業を中核に事業ポートフォリオを転換していくという大きな流れにあります。そのようなとき、私たち人事部門のようなお客さまに直接価値提供をしていない部門であっても、基礎的なITのスキルレベルを上げ、DXを推進して業務の最適化、生産性の向上を図り新たな施策を推進していく流れにしたいと考えていました。

 そのため、どのような部門でも共通して学んで意味があり、ITスキルのベースとなるような資格を設定したいと考え6資格を設定しました。

 6資格の内訳は、ITパスポート試験、情報セキュリティマネジメント試験、G検定、データサイエンティスト検定(リテラシーレベル)、基本情報技術者試験(FE)、CompTIA A+です。

 まずはITパスポート試験を全社的に進めました。さらに、デジタルリテラシー協議会が定義している「Di-Lite」(デジタル時代の全ビジネスパーソンが持っておくべきデジタルリテラシー)で推奨されている3つの試験(ITパスポート試験、G検定、データサイエンティスト検定)も参考に、6つの資格を設定していきました。

――こういったデジタル人材育成の進捗状況や手応えはいかがですか?

佐伯

 2020年から始めたITパスポート試験の取得推進施策は、若手もマネジメント層も関係なく、数千人のレベルで受験。その際の合格率は8~9割ほどあり、一般的なITパスポート試験の合格率約50%よりも断然高かったんです。

 その要因は、社員同士で切磋琢磨しながら勉強していたというところもありますが、会社がITソリューション事業に大きく舵を切っているという意識が社員にも浸透していて、各自が自分のスキルアップを目指すような組織風土や土壌が醸成できていたためではないかと思っています。