【人材育成 for DX】開催レポート #6「ベネッセが進めるデジタル人材育成戦略 ~Udemyの有効活用法教えます!~」

ゲスト:株式会社ベネッセコーポレーション 北村 洋子氏、古島 和弥氏

 JDLAでは、デジタル人材育成に積極的に取り組む企業から学ぶ、無料ウェビナー「人材育成 for DX」を開催しています。このセミナーでは、DX推進の鍵となるデジタル人材育成に関して、毎回企業ゲストをお招きしながら様々な実際の取り組みをご紹介。そのノウハウを紐解き、お伝えします。

 2022年6月1日(水)に開催した「人材育成 for DX #6」のゲストは、株式会社ベネッセコーポレーションの北村 洋子(きたむら ようこ)さん、古島 和弥(ふるしま かずや)さん。

 「進研ゼミ」や「こどもちゃれんじ」など教育分野で知られている同社は現在、DXをテーマに社内改革を推進し、デジタル人材の育成にも注力しています。

 多岐にわたる取り組みの中でも、特徴はオンライン学習プラットフォーム「Udemy」の活用です。お二人には、ベネッセのデジタル人材育成の取り組みの内容や背景、また、Udemyの有効な使い方について伺いました。

●登壇者紹介

株式会社ベネッセコーポレーション 人財開発部
北村 洋子(きたむらようこ)氏

2008年に新卒で大手金融機関へ入社後、教育事業の持つ可能性の大きさに心揺さぶられ、2011年にベネッセコーポレーションに中途入社。個人向けの商品企画・開発に携わり、2017年から人財開発部で採用を担う。現在は、新卒採用領域の統括を担当。

株式会社ベネッセコーポレーション 社会人教育事業部 Udemy Business マーケティング責任者
古島 和弥(ふるしま かずや)氏

新卒でベネッセ入社後、BtoBサービスの営業・企画・マーケティングに従事。現在は国内650社以上で採用されている法人向けオンライン学習動画サービス「Udemy Business」のマーケティング責任者を担当。厳選された7300講座を年間いつでも受講できる定額制受け放題プランを提供し、企業の人材育成を支援している。

JDLA 理事/事務局長
岡田隆太朗(おかだ りゅうたろう)[モデレーター]

2017年、ディープラーニングの産業活用促進を目的に⼀般社団法人日本ディープラーニング協会を設立し、事務局長に就任。2018年より同理事兼任。緊急時の災害支援を実⾏する、⼀般社団法人災害時緊急支援プラットフォームを設立し、事務局長として就任。コミュニティ・オーガナイザーとして、数々の場作りを展開。

基礎的な知識と日常の業務が有機的につながる

 まず、JDLAの岡田から本セミナーシリーズの趣旨説明とデジタル人材育成が急務であるという現状の共有のほか、DX時代のすべてのビジネスパーソンが持つべき共通リテラシー領域「Di-Lite」についてご説明。その後、北村さん、古島さんによるプレゼンテーション「ベネッセが進めるデジタル人材育成戦略 ~Udemyの有効活用法教えます!~」がスタートしました。

 最初に、人財開発部の北村さんから、ベネッセのデジタル人材育成の取り組みの内容や背景についてご紹介いただきました。

北村

 ベネッセコーポレーションでは、経営直轄にグループ横断DX部門(DIP:デジタルイノベーションパートナーズ)を立ち上げて、グループの各事業におけるDXを推進しています。

 機能としては、戦略立案とモニタリングをする「DX戦略とガバナンス」、社内の各部門やグループ会社に専門人材を派遣し、具体的な課題を把握して解決していく「DXコンサルティング」、現場の取り組みを評価して課題抽出・一元管理し、共通的な対応をリードする「DX人材開発・採用」、「システム開発・運用」を行っています。

 重点実行施策FY2021・2022では、「事業フェイズに合わせたDX推進」と「組織のDX能力向上」の2つのテーマを設定し、相互にスパイラルアップしていくように取り組むことでDXを加速させています。その中でも特に大きなテーマは「DX人財の開発」です。

北村

 組織のDX能力向上については5つの視点で設定しています。

 まず1つ目は、「職種定義」です。改めて社内で必要な業務や職種を整理し、「DX人財7職種(企画、BPR、PMO、開発管理、エンジニア、デジタルマーケ、データ)」を定義しました。2つ目が職種ごとにスキルマップを作成し、求められるスキルのレベルを可視化「スキルマップ」。3つ目は、客観性担保と市場価値判定を意識し、スキル診断サービスなどを活用する「アセスメント」。4つ目はタレントマネジメントシステムで管理し、アサイン・育成・採用に活用する「管理」。5つ目の「研修プログラム」は、自社事例を活用したオリジナルプログラムと、一般知識はUdemyの活用という両軸で進めています。

 5つ目の「研修プログラム」の“両軸”について、掘り下げてご説明します。当社のDX研修体系は、フェイズと項目を分けています。まずは社員一人ひとりの基礎的なデジタル知識や能力を上げるべく、今の自分の現在地を把握するテストを受けてもらったうえで、基礎研修を受けてもらいます。

 次の段階の専門知識スキル研修は、入門編・実践編に分けています。入門編は、企画、デジタルマーケ、データ、開発管理、エンジニアなどの領域ごとに「絶対必要だ」という知識を設定。そして、実践編では、現場で本当に使えるDX能力を獲得してもらうために、実際の現場での業務内容を細分化して、実際の手法やツールと連動させた研修プログラムも作成しています。さらに、全社員・全職種に共通したスキルやレベル別にレコメンドされるUdemyを活用しながら自学自習も進めています。

 では、実際の研修内容もご紹介します。

 デジタル基礎研修では、業務上必要となるデジタル知識や世の中のデジタルサービスの動向、グループ内のDX事例を学びます。企画職向けでは、アジャイル開発・ウォーターフォール開発のプロセスポイントを学び、当社の開発事例から理解を深めます。データ職向けでは、データ利活用の基礎知識の習得、事業で利用しているデータを使った分析の事例から学びます。デジタルマーケティング職向けでは、マーケティング概論、デジタルマーケの基礎知識や、当社におけるサイト・広告運用の事例を提供しています。

 どの研修でも共通しているのは、「ここは知っておかないと困る」という絶対に必要な知識と、「社内では実際にこうやっている」という社内事例とのコンビネーションで行っている点です。基礎的な知識と、「今日・明日の自分の業務でどう活かせるか」が有機的につながるところがポイントです。

今年度から“リスキル休暇”を導入

北村

 ベネッセのDX人材育成は、「一人ひとりの主体的な“チェンジ”」をポリシーに進めています。「やりなさい」「今からどうぞ」ではなくて、学ぶ機会の提供とバックアップをすることで、自分自身で学んでいく自己研鑽を加速させています。座学で習っておしまいではなく、仕事の中で力をつけ経験を積む専門力を高めリスキルしていくことがポイントです。

 また、主体的な学習支援として、今年度からはリスキル休暇を施行。この制度では、学習を目的とした休暇を3日間付与し、リスキリングのために会社のPC端末や研修システムを利用できます。

 ここで、リスキル社員体験談をご紹介します。

北村

 2017年に入社した山本さんは、最初は法人営業の担当でした。「見積もりの作成に時間がかかり追いつかない」という悩みをから、業務効率化のためにExcelのマクロを勉強してみようとUdemyをスタート。

 「RPGゲームのレベル上げのように自分自身がスキルアップしていくのが面白い」と、実務にもどんどん活用。他のプログラミング言語やローコード・ノーコード系のツールの理解が進み、他の応用としても活用できているという事例です。