【ディープラーニング×ビジネス】#8 ファッショントレンド解析からスマートシティへーー「待ちのない街」と「情報に出逢える街」が生み出す循環

ディープラーニング 活用事例紹介 #8[ニューラルポケット株式会社]

「衣食住」三大マーケットの「衣」からスマートシティへの変遷

 ファッショントレンド解析や人流解析、駐車場での安全監視誘導サービスなど、AI技術を用いた多角的なソリューションを提供し、エッジ端末への実装技術に強みを持つニューラルポケット株式会社。近年では「社会のスマートシティ化」を実現するために、M&Aのペースを加速させ、同社の強みとのシナジー創出を狙っている。

 今回、同社取締役CTOであり技術開発本部 本部長の佐々木 雄一(ささき ゆういち)氏に、同社の定義するスマートシティや創業経緯、同社が持つディープラーニングの事例について詳しく聞いた。

ニューラルポケット株式会社 取締役CTO 兼 技術開発本部 本部長 佐々木 雄一氏

ニューラルポケット株式会社
事業内容:スマートシティ、ファッショントレンド解析、デジタルサイネージ事業など
本社所在地:東京都千代田区
設立:2018年1月
https://www.neuralpocket.com/

――ニューラルポケット株式会社の創業の経緯を教えてください。

佐々木

 当社はAIを用いたファッショントレンド解析の事業から始まりました。生活に欠かせない衣食住の三大マーケットにおけるAI活用を検討し、衣料には在庫廃棄問題などの社会課題が当時潜んでいたことや、何よりファッションという楽しい領域であることを踏まえて選定し、社名も衣を想起させるファッションポケットと名付けました。その後AIを使ったより幅広い課題解決を行うため、ニューラルポケットという社名に変更した経緯があります。

 2012年前後に創業したAIベンチャーは、基本的にディープラーニングという技術が好きで創業している会社が多いです。当社は2018年創業ということもあり、基本的にはAIを使って世の中を変えてやろうという意思はありつつ、コンサルティング業界出身のメンバーが多かったので、まず一歩目は地に足ついたもの、かつ事業的な効果が出しやすい領域からはじめようと考えていました。ディープラーニングは不定形な服などの物体認識に強く、技術的にもファッションに親和性があるということも理由のひとつです。

 ファッション領域で手応えを感じた後、会社として狙うべき次のターゲットを考え始めた際に、スマートシティに行き着くまでそう時間はかかりませんでした。スマートシティという言葉に限れば20年近く前から存在しますが、具体的にこれだと定義できる会社は多くありません。今年のはじめに、事業を通じてスマートシティに3~4年近く携わった身として、今なら定義できるのではと考え形にしたのが以下の図です。

※ニューラルポケット社提供

佐々木

 もちろん概念はアップデートされていくものですが、現時点で当社としてスマートシティを定義している要素は以下の2つです。

 ひとつは「待ちのない街」です。AIでデータを解析することで、人間の生活は効率化されます。レストランに行けば空いている席にあらかじめ誘導され、駐車場も待つことなくスムーズに駐車できることが理想であり、そうした最適化を行うソリューションを提供しています。通勤という待ちによるストレスを減らす意味で、リモートワーク支援ソリューションを提供していたりもします。

 次に「情報に出逢える街」です。最近ではマップアプリで検索すれば街のどの地点が混んでいるのかわかりますが、そもそも検索する手間がかかりますし、お年寄りの方などデジタルから分断されている方は恩恵にあずかれない実態があります。

 先程申し上げた「待ちのない街」を実現するには、人間が情報を拾いに行くのではなく、情報の方から人間に向かってくる状態を作る必要があります。この状態を実現するために、デジタルサイネージを提供している会社などをM&Aしている、というのがまさに今ですね。