「日経 自治体DXアワード」大賞の北九州市 官民格差を埋めるAI・RPA活用推進の鍵は

[G検定 合格者インタビューvol.15]ディープラーニング × 北九州市のAI活用(DX)推進

インタビュー vol.15
北九州市 デジタル市役所推進室
髙塚 靖彦さん(デジタル市役所推進課 行政サービス改革係長/G検定2020#1、E資格2021#1 合格)

 第1回「日経 自治体DXアワード」で、先進的なDXの取組を行う自治体として、「大賞」を受賞した北九州市。同市職員の髙塚 靖彦(たかつか やすひこ)さんは、自身の子どもたちがプログラミング教育が必修になることをきっかけにG検定を受験。

 AIの分野に本格的に興味を持った髙塚さんは、文系ながらE資格も取得した。その後、北九州市のDX推進の司令塔として2021年4月に新設された「デジタル市役所推進室」に異動し、AI・RPAの導入にあたっている。

 AI活用はまだまだ官民格差があると言われているが、自治体でAI活用を推進するためのポイントはどういった点なのだろうか。

第1回「日経 自治体DXアワード」では、全国の自治体から、先進的なDXの取り組みを行う12の自治体が選出されました。

「子どもに聞かれたら教えてあげたい」とG検定を受験

――まず、所属部署と業務内容を教えてください。

髙塚

 北九州市役所のデジタル市役所推進室という部署で行政サービス改革係長を務めています。デジタル市役所推進室は、DXを推進するために2021年度に新設された部署です。私は主に行政サービス改革や内部事務改善の観点からAI・RPAの導入を担当しています。

――それ以前は、IT系の部門にいらっしゃったのですか。

髙塚

 いえ、教育委員会や産業経済局、環境局などにおり、情報システム部門に携わったことはありません。大学も文系(法学部)でした。AIについての知識はありませんでしたが、興味と関心からなんとか頑張ってE資格まで取った、という感じですね。

――G検定とE資格を取得されたのは、いずれも現在のデジタル市役所推進室に異動される前ですね。受験されたきっかけを教えてください。

髙塚

 G検定に興味持ったのは2020年1月頃のことです。私は中学生と小学生になる子ども(当時)がいるのですが、プログラミング教育が2020年度から小学校、2021年度からは中学校、2022年度は高校でも始まっていくという話を耳にしました。「もうそんな時代なんだな」と思っていた矢先、たまたま新聞か雑誌の広告でG検定の案内を目にしました。

 「AIはホットワードになっているけれど、よくわからないから勉強してみよう」と、早速公式テキストを購入し、3月に受験しました。

――当初は「仕事に活かそう」という動機ではなかったんですね。

髙塚

 「子どもに聞かれたら教えてあげようかな」「世の中こういう流れだから、これぐらいは教養として知っておこう」というイメージでした。でも、かじってみるとどんどんと興味が湧いてきて面白いなと思いました。

――E資格も受験しようと思ったのはなぜでしょうか。

髙塚

 2020年3月のG検定取得後の翌4月、本市の人事課による人材育成の一環で、資格取得助成制度が新しく始まったんです。業務に活かせて、かつ難易度が高めの資格を取得する際に申請し、審査が通れば最大10万円までの助成金が出る、という制度です。

 ちょうどE資格の存在を知ったタイミングではあったのですが、E資格は認定プログラムの受講にお金がかかるので二の足踏んでいたんです。しかし「せっかくなら」とダメ元で制度に応募すると助成を受けられることになり、E資格も受けることにしました。

 ただ、G検定とE資格ではハードルの高さが全く違いました。私はAIを専攻していたわけでもなく、プログラミング経験もゼロ。E資格の助成が受けられることが決まったあとに「しまった、とんでもない資格に申し込んでしまった」と正直思いました(笑)。しかし、後には引けないのでせっかくなら最後までやれるだけやろうと思いました。

北九州市 デジタル市役所推進室 デジタル市役所推進課 行政サービス改革係長 髙塚 靖彦さん

――E資格は選択式の試験を受験する前に、認定プログラムを受講して知識問題と実技課題を修了する必要があります。実技課題はいかがでしたか。

髙塚

 プログラミング未経験の私は、この認定プログラムが最難関でした。当時は新型コロナウイルスによる第1回目の緊急事態宣言が出た時期だったので、在宅時間を有効活用しながら初心者向けのプログラミング学習サービス「Progate」「paiza」「PyQ」の3つでPythonを一気に勉強して、ある程度できるようになってから認定プログラムを受講しました。

 実技課題はとても面白かったですし、「こういう仕組みでAIはできているんだ」とわかってきて個人的な興味を満たせましたね。そして、ゆくゆくは「仕事につながったらいいな」と思うようになりました。

――学習時間はどれくらいでしたか。

髙塚

 G検定は約1カ月半で、白本(公式テキスト)と黒本(問題集)の2つで勉強しました。E資格はゼロからだったのではっきりとはわかりませんが、「paiza」や「PyQ」をやっていた時間を含めると少なくとも500時間はかかったのではないかと思います。