講座・検定・資格

E資格|エンジニア資格

ディープラーニングを実装するエンジニアの技能を認定する資格試験。ディープラーニングの理論を理解し、適切な手法を選択して実装する知識や能力を有しているかを認定します。年2回開催。

試験スケジュール

2022#1

2022年218日(金)・19日(土)申込受付前

2022#2 2022年8月26日(金)・27日(土)

概要

正式名称 JDLA Deep Learning for ENGINEER
受験資格 JDLA認定プログラム※1のいずれかを試験日の過去2年以内に修了していること※2
試験概要 試験時間:120分
多肢選択式・103問(前回実績)
各地の指定試験会場にて受験
試験会場 お申込み時に選択※3
出題範囲 シラバスより、JDLA認定プログラム修了レベルの出題※4
受験費用 一般:33,000円(税込)※5
学生:22,000円(税込)※6
協会会員:27,500円(税込)※7

※注意事項

  • ※1 「JDLA認定プログラム」とは、高等教育機関や民間事業者が提供する教育プログラムで、当協会が別途定める基準およびシラバスを満たすプログラムです。プログラムの一覧はこちら
  • ※2 改定シラバス対応前のプログラムを終了した方も、受験をお申込みいただけます。詳細は、受講された認定プログラム事業者に直接お尋ねください。また、2020#2の中止に伴い、2021#1~2022#2までは過去2年半以内まで有効とします。
  • ※3 各会場の定員により、ご希望の会場が選択できない場合があります。
  • ※4 ソースコードを含む問題については、Pythonで記述し、かつTensorFlow等の機械学習系ライブラリに依存しない問題を出題します。
  • ※5 団体経由申込(5名以上)が可能です。事前にプリペイドバウチャー(前払いバウチャー)のお申込みが必要になります。申込書・申込手順はピアソンVUE E資格受験サイトに記載されているこちらの書類をご確認ください。登録・予約は、受験者自身でオンライン予約サイトにて行っていただきます。
  • ※6 事前に学生用プロモーションコードの申請・取得が必要になります。団体経由でのお申込みは受け付けておりません。
  • ※7 協会会員割引のバウチャーを発行致します(お申込みから発行までは2営業日程度)。詳細は事務局<info_exam@jdla.org>までお問い合わせください。

シラバス

応用数学 線形代数、確率・統計、情報理論
機械学習 機械学習の基礎、実用的な方法論
深層学習 順伝播型ネットワーク、深層モデルのための正則化、深層モデルのための最適化、畳み込みネットワーク、回帰結合型ニューラルネットワークと再帰的ネットワーク、生成モデル、強化学習、深層学習の適応方法
開発・運用環境 ミドルウェア、軽量化・高速化技術

申込方法

ピアソンVUE E資格受験サイトから、お申込みください。お申込みはオンラインのみで、クレジットカード決済が可能です。

※学生の受験者は、事前に学生用プロモーションコードの申請・取得が必要になります。団体でのお申込みは受け付けておりません。

団体での申込方法

5名以上で、団体経由のお申込みが可能です。事前にプリペイドバウチャー(前払いバウチャー)のお申込みが必要になります。申込書・申込手順はピアソンVUE E資格受験サイトに記載されているこちらの書類をご確認ください。登録・予約は、受験者自身でオンライン予約サイトにて行ってください。

賛助会員社の申込方法

事前に会員用リデンプションバウチャーコードの申請が必要です(※お申込みから発行までは2営業日程度)。団体経由でのお申込みにも必要となりますので、必ず申込み期間内にお申込みください。詳細は事務局<info_exam@jdla.org>までお問い合わせください。

賛助会員社 申込フロー

・個人での申込 会員用リデンプションバウチャーコードをご用意の上、ピアソンVUE E資格受験サイトからお申込みいただくと、会員価格で受験可能です。
・団体経由での申込 受験者が2名以上で、企業が受験料を負担する場合には担当者によるとりまとめ予約ができます。要件や注意事項がございますので、詳細はピアソンVUE E資格受験サイトをご参照ください。予約時には受験者個人の「認定プログラム事業者名」 「修了者ナンバー」「認定プログラム修了日」 が必要となるため、事前にご確認いただきますようお願い致します。

JDLA認定プログラム

認定No.00001

スキルアップAI株式会社

認定No.00007

株式会社アイデミー

認定No.00017

キラメックス株式会社

 

認定No.A0001

中部大学 大学院 工学研究科

認定No.A0002

東京大学 松尾研究室